日本国憲法万歳


最高の憲法を断固として守る
by homura2Y
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
世に倦む日々に書き込んだ..
from 2億5540万の瞳 ビューテ..
世に倦む日々に書き込んだ..
from 2億5540万の瞳 ビューテ..
暴漢の凶弾に倒れた長崎市..
from エクソダス2005《脱米救国..
国民投票法案についてのア..
from Under the Sun ..
新刊「植草事件の真実」-..
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..
階級社会、登場
from 日本国憲法万歳
階級社会、登場
from 日本国憲法万歳
やっぱりね...拉致問題..
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..
STOP THE KOI..
from とくらBlog
胸いっぱいのエンドースメ..
from 世に倦む日日
タグ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

国際評論家 小野寺光一さんのメルマガから続

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!政治経済の裏にある「あなたが絶対に知らない」ような情報を発信します。
このマガジンを読むと政治経済の謎が解けるでしょう。
独創的な情報分析マガジンです。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606

まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞で票を入れてくださった方々の声 

今回のまぐまぐ大賞政治部門第一位では
さまざまな方からご支持をいただきました。

その中から紹介をしたいと思います。
(※名前は全て伏せてあります)

最初はあるブログで紹介されていた記述について

http://shinzitunoehon.seesaa.net/article/30277618.html
いそがしいママのための真実の絵本
2006年12月26日
まとめて考えてみよう
ひとつひとつ、じゃなくて、
全部をつなげると
わかりやすいよ。
まだ、ブログを始めていない頃に、
植草教授について、調べながら、ウロウロしていたら、
国際評論課 小野寺光一さんのメールマガジン→
http://www.mag2.com/m/0000154606.html

「政治経済の真実」にたどりつきました。
どういう方なのか、まったく知らないんですけど、
はじめて読んだ時、
「うわ、すごい、なんてわかりやすいんだろう~」
と、驚きました。
頭の中にモヤモヤ・・と浮かんでいた疑問や、想像が
一気にカシャッとはまるような、感覚でした。

適確な文章が、堅苦しくなく、暑苦しくなく、ゆるい感じなので
さらっと読めるし、なるほどー!!と思える。

この小野寺さんのメルマガを読めば、
「教育基本法改正」と、
「憲法改正」と、
「日本の軍事強化」と、
「共謀罪」と、
「庶民大増税」が、
ひとつひとつバラバラではなく、
ある目的の為に、「全てがまとまって必要」だということが
わかります。

まずは、読んでみて下さい。→<こちら>
http://blog.mag2.com/m/log/0000154606/108023974.html

・・・読んでいただけたでしょうか?
ひとつひとつの、パーツが一個につながった、と思いませんか?

「教育基本法改正」→「戦争だ!反対だ!」
と、いきなり騒いでいても、話が飛びすぎていて、
「何をおおげさに」と思うかもしれませんが、
順番立てて並べて行けば、そこにたどりつくんです。

 <自民党の政策の流れ>
 
 アメリカ政府は、日本人を、今後の戦争のお手伝い要員(兵士)として、
 考えている。
  ↓
 アメリカには、戦争によって、潤う経済があるから。
  ↓
 (ここが問題)自民党は、アメリカ政府の言うとおりに動きます。
  ↓
 言われたとおり、「戦争要員」を造るために、まずは子供の頃から
 「教育の改正」でもって、国を守る精神を育てようとします。
  ↓
 憲法9条を、改正し、「戦争」をしてもよい国にしようとします。
  ↓
 国民が、反対運動などをしても、逮捕してしまえるように、
 「共謀罪」をつくろうとします。
  ↓
 軍事力強化のためには、今よりも、もっともっと予算が必要になるため
 国民から、とれるだけとりたいと考えます。(消費税増加)
  ↓
 格差を広げて、大量に、貧困な家庭をつくり、 
 就職難も拡大させます。
 若者は、生活の為には、軍隊への入隊も、やむをえなくなります。
 (これは実際のアメリカのやり方です)
  ↓
 アメリカ兵の代わりに、日本兵が戦争で、犠牲になっていきます。


・・・と、こんなふうに順序立てて考えていくと、
今後、自民党が、どこへ向かおうとしているのかが、
わかりますよね?

全ては、誰かが得をするために、できています。

「教育基本法改正」を大慌てで、強行成立しなければならないのは、
子供のことを真剣に考えているからでしょうか?

「憲法9条の改正」は、
私達国民の命を、真剣に考えてくれているからでしょうか?

上で書いているような流れが、本当に実現してしまうとしたら、
今の、幼い子供達に、危険がせまってきている!!
と、思いませんか・・・?

以上
http://shinzitunoehon.seesaa.net/article/30277618.html
いそがしいママのための真実の絵本より引用しました。

<受賞後のお祝いメール>
A Rさん(女性)から
<おめでとうございます。メルマガにほとばしる熱気があります。>
**** おめでとうございます****
小野寺さんのメルマガには ほとばしる熱気があふれ出ています。
ひたむきな感性が 他のついづいを許しません。
良い 年をお迎えください。

<無欲の志が人々の心を打つ>
○Sさん(男性)から
小野寺様

まぐまぐ政治部門第一位入賞おめでとう
ございました。
無欲の志こそが人々の心を打つものだと
思います、今後とも、貴重な情報、論説を
期待いたします。

<第一位おめでとうございます>
○小野寺さん
コンテスト第一位誠にお芽出度う御座います。
小野寺さんの話はビックリすることばかりで
にわかには信じがたいものがありますが
その通りと思うことも多いです
来年も益々健筆をふるってご指導くださいますよう
お願い申し上げます。
どうか良いお年をお迎えください

<子供たちを戦争に行かせず、弱者に優しい日本をつくるためにがんばりま
しょう>
○Wさんから
おめでとうございます!!
これからもご活躍を期待しています。
子どもたちを戦争に行かせることのない、弱者にやさしい日本を作るため、
私もがんばります。

<次に来る悪意の憲法国民投票案に獅子奮迅でがんばれ>
○ Oさんから
1位になって本当によかったですね。
この夏頃からMLを拝見し、ずいぶんと政治の実相を教えていただきました。
なんという人間の愚かさ、人間の悲しさ。
次に来る憲法の国民投票法案がいかに悪意に満ちたものかも、最近本を読んで
知らされました。
どうか、いよいよの獅子奮迅で頑張ってください。
一人でも多くの人があなたのMLを見ることを願っています。
私も友人たちに勧めようと思っています。

<政治の裏側がわかってきました>
○Dさん(女性から)
もちろん私も投票させてもらいましたよ♪
ほぼ毎日、参考になる情報を無料で配信していただいて、ありがたく思って
おります。
私自身も半年ほど前からブログを二つほど始めて、いろいろ調べてるうちに
政治の裏的なことがわかってきたように思います。

<以下は、受賞前の時に一票入れてくれた人たちのコメントです>
○ Tさん(男性)より
<爆笑のガッツ構造改革と知らなかった道路公団改革の真実>
小野寺 光一 先生
「ガッツ構造改革」は楽しませていただきました。しばらく爆笑が止
まりませんでした。道路公団の話も目からウロコです。自分の無知を恥じ
、先生を尊敬しました。本当にありがとうございました。

<小野寺光一さんのメルマガがメデイアの中心として扱われるべき>
「まぐまぐ大賞」については先週、心から先生に一票を投じました。
友達にも声を掛けています。このような情報サイトこそ、メディアの中
心として扱われるべきです。

<今後ますますのご活躍を楽しみにしています>
○Sさん(男性)から
小野寺光一様
今後益々のご活躍を楽しみにしております。
平成18年12月18日 一読者
<もちろん 一票いれさせていただきました!>
○Hさん(女性)から
勿論、一票入れさせていただきました。
今後とも益々のご活躍を期待しております。

<もっと読者が増えますように>
○Mさん(女性)から
投票しましたよ!
もっと読者が増えますように!

<知人をさそって入れました>
○Rさん(男性)から
小野寺 光一 様
  いつも情報有難う御座います
 知人と二票入れさせて頂きました  東京 多摩市

<これからもがんばって>
○ Gさんから
投票しましたよー、これからもがんばってください

<いつも大事な話題を提供してくれてありがとう>
○Hさん(男性)から
初めまして。いつも,大変大事な話題を提供して頂き,ありがとうござ
います。
メールに不慣れなもので,今日は一票を入れさせて頂いた,ご報告だけ
で失礼致します。
一読者より

<入れました>
○ hさんから
いれた
<植草氏のようにわなにはめられぬようにご用心>
○ Mさんから
小泉、安倍の悪事を暴露するものは、植草さんのようにわなにはめられる危険
性があ
ります。どうぞご用心のうえ得がたい情報を提供のほどお願い申し上げます。

<いつもありがとうございます>
○ Eさんから
小野寺様 メルマガ読者の○○といいます。いつも有難うございます。一票入れて

きました。

<いつも興味深くメルマガを読んでいます>
○ Kさんから
はじめまして。「政治経済の真実」の読者のKです。
まぐまぐ大賞に一票入れました。
いつもメルマガを興味深く拝読しています。自分でも最近は政治の動きに興味があり
、自分なり観察したり、考えたりしています。
しかし、自分だけでは限界があり、小野寺さんの文章や情報を指針にしないと、
本当の政治の動きが解りません。
(抜粋)
考え方や視点などは、大変参考になります。

これからも読み続けますので、頑張って下さい。

<この国をあきらめないで一票入れました>
○ Aさんから
こんにちは北海道の○○と申します。
今回のまぐまぐ大賞も、小野寺さんに一票投じました。
もうこの国は駄目かもしれない、でもまだ諦めたくないですね。諦める
のは奴らの思うつぼだから

<亡国の勢力の計画を阻止したい>
○ Aさん(女性)から
一票投じました。
いつもメールを読ませてもらってます。小野寺さんの言う通りに
(亡国の勢力の)計画は着々と進んでるように感じます。しかし、これらを
阻止するには、どうしたら良いのでしょう。それを考える
ことが先決だと思います。

<一票いれました>
○ Gさんから
一票入れさせて頂きました。

<とても勉強になります。かげながら応援しています>
○Nさんから
小野寺光一 様
いつも愛読しています。とても勉強になります。
まぐまぐ大賞2006、一票入れさせてもらいました。
今後も頑張って続けてください。影ながら応援しています。

<投票しました>
○Kさんから
小野寺光一 様

Kです。投票しました。

<現実に厳しい内容ですが、勉強になり感謝しています。>
○Mさん(大阪・男性)から
小野寺光一 様

 一票いれさせていただきました。
いつも楽しみにしています。厳しい内容ですがいつも
考えさせられます。大変勉強になり感謝いたします。
これからも応援させていただきます。

<一人でも多くの人に真実をしってもらいたい>
○K.Kさん(女性)から
小野寺光一様

始めまして、こんばんは。
いつもメルマガ、拝見させて頂いております。

一人でも多くの人に、真実を知って貰いたいと思い、
今回、私の一票を入れさせて頂きました。

いつも応援しています!
頑張ってください!!

<わかりやすく、核心を教えてくれる小野寺さんのメルマガがすばらしい>
○神奈川県 Sさんから
国際評論家 小野寺光一さま

はじめまして。
つい最近、植草一秀氏の逮捕は「口封じのための国策逮捕」と推測する方のブログ

事に小野寺さんのメルマガが紹介されており、それによって貴メルマガを知ること

できました。
わかりやすく、端的に、率直に、核心を教えてくださるので素晴らしいです。必読で
す!
本当に多くの人に読んでほしいです。
いま、「まぐまぐ大賞2006」に投票させていただきました。
私は、日本が米国の戦略に乗り自滅へと突き進み、「戦争殺戮国家」に絶対になって
ほしくない。

<読むと涙が出てしまうような日本の平和憲法を守りたい>
私たちを守ってくれた、読むと涙が出てしまう日本の平和憲法を守りたい。
売国支配
層に指一本触れさせたくないです。
それが、わずかでも行動をしようと思う原点です。

<漫画家のMさんから 「投票しましたよ」>
○Mさんから

小野寺様

投票しました(^^)v


<大変参考になっています>
○女性読者から
投票しましたよ!
ええ?
と思うときもありますが
大変参考になっています。
頑張ってください。ちょっと民主党にかたいれしすぎかなと思う時もあります。

<先ほど票入れました>
○N. Tさんから
メルマガの投票を、先ほどしました。

<一位になるように期待しています>
○女性読者から
小野寺光一氏のメルマガにしつかり投票しました。
一位になるように、期待してますよ。

<郵政民営化のたとえ話、大変わかりやすかったです>
○郵政民営化のたとえ話、大変分かりやすかったです。
いつも貴重な情報をありがとうございます。
こちらからも情報を提供できればと思います。

<テレビや新聞では知れない情報がとてもためになります>
○Kさんから
「政治経済の真実」に票を入れさせて頂きました。
 テレビや新聞では知り得ない情報を得られ、とてもために
なっています。

<小野寺さんのような方の発信が原動力となって日本がよりよい方向に進むことを
願います>
小野寺さんのような方の発信が大きな原動力
となり、日本がよりよい方向に進んでいくことを願っていま
す。これからも応援しています。  
<これからも突っ込んだ事実究明を期待しています>
○Y.Yさん(女性)から
いつも応援しています!
これからも、阿修羅の投稿やメルマガで突っ込んだことを書かれていかれることを期
待しています!

<植草さんが一刻も早く釈放され活躍されることを祈っています>
○H.Sさん(男性)から
小野寺様
いつもためになるメルマガを書いていただきありがとうございます
私は植草さんが一刻も早く釈放され、ご活躍できる日が
再びくるように陰ながら
祈っている者です。
小野寺様、寒さも厳しくなってまいりました
お風邪など召されませんよう。
これからもメルマガを楽しみにしております。

<いつも楽しみにしています>
○Yさんから
一票入れました。いつも楽しみにしています。がんばってください。

<植草さんの事件はかなり不自然ですね。陥れようとする集団が存在するのでは?>
○N Tさん(男性)から
小野寺光一様

初めてメールします。

いつも小野寺さんのメールマガジン読んでいます。 

この植草氏の事件に関する小野寺さんのご指摘は、かなりの点において納得のいく
ものであり、被害者の言動や当時の周辺の状況、捜査の推移など不自然なことが多
すぎると思います。

ここ数年、痴漢の冤罪を主張する人が何人も出ていることから推察するに、痴漢を
ねたに金をゆすりとる、暴力団かなんかの集団が存在するのではないかと思ってい
ます。

今回はたまたまその連中と、植草氏を落としいれようとする連中がつるんで、
このような事件となったものではないかと推測しています。

<植草さんが出版するはずだった本を世に出させたい>
それがどういう連中であるか追及することは、それはそれで大事なことだと思
いますが、一方で植草氏が出版しようとしていた内容を一日も早く世に出すこ
とも大事なのではないかと思いますがいかがでしょうか。

出版直前だったということでしたので、原稿はほとんど出来上がっていたのだと
思われますので、一部未完の部分があっても良いので、何らかの形で世に出して
いただきたいと思います。

それともそれができない何か事情があるのでしょうか?
それではよろしくお願い致します。
<小泉構造改革の犠牲になった善人には心うたれました>
○Aさん(女性)から
はじめまして、毎回楽しみに読ませて頂いております。
今回の「小泉構造改革の犠牲になった善人」は、とても心を打たれました。
それで投票する決心がつきました。
これからも頑張ってください。
私もできる限り行動していきます。

<政府の謀略を暴くのは危険ですががんばってください>
○ 女性読者から
貴殿の素晴らしい情報は、ほとんど全て
(私の運営する)当サイトで紹介させていただいています。
権力の横暴は日増しに拡大していきます。
命がけで権力に立ち向かう貴殿のような方がいなくなったとき
日本は終わるのでしょう。
(抜粋)
貴殿のメールマガジンの影響力がそれほど大きいのだと思っております。
来年参院選までには、北朝鮮偽装テロは実行に移され、それとともに
一挙に軍国の国へと日本は変貌させられることでしょう。
ただ、貴殿の情報がそれを阻止できれば、日本が暗黒の時代に突入するのは
また少し先に伸びるかもしれません。
政府の謀略を暴くお仕事は危険がいっぱいですが、がんばってください。
心より応援しております。
<まぐまぐ大賞いれました>
○Y Kさん
まぐまぐ大賞一票入れました。がんばってください。

<メルマガ読んで驚きの連続です。もっと多くの人に小野寺さんのメルマガを
知ってほしい>
○A Rさんから
貴重な情報を配信していただき 有難うございます。 もうメルマガ読んで
驚きの連続です。腐りきった政府には
絶望すら感じてしまいます。もっと多くの人に是非知っていただきたいと
是非大賞を小野寺さんにと 投票いたしました。これからも よろしくお願い
します。

<第二の植草氏にならないように政府の謀略に気をつけてください>
○ 男性読者から
大賞をとり暴露本を出版する目的のように見えますが、
第二の植草氏になる可能性もなきにしもあらずと予想しています。
身辺には十分に気をつけてくださいるようにお願いします。
(電車のホームには中ほどに位置する等)


<鋭い分析力に敬服>

K Hさん(男性)から
まぐまぐ2006大賞ノミネートに
小野寺光一の「政治経済の真実」を
投票しました。
投票理由には、マスコミでは知り得ない情報と
鋭い分析力に敬服と書いておきました

<小野寺さんのメルマガの読者が増えて目覚める人が増えることを
願っています>
○Tさんから
小野寺さま

いつも貴重な情報をありがとうございます。
小野寺さまのメルマガの読者が増えることで
目覚めるひとが増えていくことを願っています。

これからも真実を追求していってください。
<投票しました>
○ Hさんから
投票しました!!!!

<小野寺さんのような真実の情報源を得られた自分が幸せだと思っています>
[PR]

by homura2Y | 2006-12-31 08:33 | マスコミと電通
<< 国際評論家 小野寺光一さんの意見 国際評論家 小野寺光一さんのメ... >>