日本国憲法万歳


最高の憲法を断固として守る
by homura2Y
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
世に倦む日々に書き込んだ..
from 2億5540万の瞳 ビューテ..
世に倦む日々に書き込んだ..
from 2億5540万の瞳 ビューテ..
暴漢の凶弾に倒れた長崎市..
from エクソダス2005《脱米救国..
国民投票法案についてのア..
from Under the Sun ..
新刊「植草事件の真実」-..
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..
階級社会、登場
from 日本国憲法万歳
階級社会、登場
from 日本国憲法万歳
やっぱりね...拉致問題..
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..
STOP THE KOI..
from とくらBlog
胸いっぱいのエンドースメ..
from 世に倦む日日
タグ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:司法制度( 5 )


過労死裁判、支援者集会に参加して

今日07.1.24ソフトバンク(旧ボーダフォン)過労自殺裁判・判決が11時30分にあることが手帳に書いてあったので、間に合うように家を出たのだが、着いたときには受付で氏名などを書いてチラシをもらったりして読んでいたがなかなか法廷内に入らないので隣の人に聞いてみたら満員だから入れないということだった。定員60人。それでチラシを読み続けていたら田巻弁護士が不当判決だと知らせてくれた。12時より判決報告集会があった。原告3人(遺族)の挨拶・過労死した内野さん(当時30歳)の奥さん・全トヨタ労働組合「経営陣と闘う新しいトヨタ系労働組合」委員長の若月忠夫さんの挨拶など熱気に溢れた言葉が力強く続々と続いた。裁判に勝つには、世間が注目していることを裁判官に知らせなければという発言もでて私も同感した。だからこの集会をネットから知らせて少しでも支援したいと思った。若月さんにもJBUの事などを話したかったが気がついたらいなくて話ができなかった。ここで原告の小出さんの奥さんに電話してHP上げて支援することを伝えた。
[PR]

by homura2Y | 2007-01-24 22:09 | 司法制度

それでもボクはやってない

標題の映画を9時45分から見てきた。40人ぐらいの観客がいた。阿修羅などの情報どおり臨場感溢れていて2時間強の時間が瞬く間に過ぎてしまった。現在の裁判、とくに刑事裁判が酷い、これでは戦後もいくつか起こった冤罪事件が起こると思った。日本の民主主義・人権が疎かにされているし、侵害されていると思った。昨日宮崎県で無党派のそのまんま東さんが当選したが与党も野党も、いまの党利党略・私利私欲の政治家ばかりではこのような結果になって当然だし、このような投票行動をしなければならないのだ。やっと宮崎では目が覚めたのだろう。この動きを全国に波及させなければならないし、我々もネットでも発信してより大きく早く確実に世の中を変えていきましょう。http://www.yuuai.sakura.ne.jp/home4/suousannoeiga.html
[PR]

by homura2Y | 2007-01-22 18:28 | 司法制度

横浜事件についての中日新聞社説

横浜事件
被害を受けた人たちと心の通い合う司法でないと、法の威信は失墜し「法の支配」の基盤が揺らぐ。“人権の最後の砦”としての使命を果たすためには、過去と率直に向き合う姿勢が必要だ。
元被告の無念胸に刻み
 戦時下最大の言論弾圧事件とされる横浜事件の再審は、東京高裁でも「無罪」ではなく、「既に治安維持法は廃止されている」との形式論で裁判を打ち切る「免訴」だった。
 多くの研究などで拷問による冤罪だったのは明らかなだけに、この結論は残念だ。
 雑誌編集者ら数十人が「共産主義を宣伝した」などと治安維持法違反で逮捕され、有罪判決を受けた。4人は特高警察の激しい拷問で獄死した。敗戦後になっても裁判官は有罪の判決を出し続け、被告とされた人たちは長い間、解放されなかった。
 事件をでっち上げた警察、容認した検察官だけでなく、司法も加担したとの批判を免れない。
 釈放後、元被告たちは無罪判決による名誉回復を求めて何度も再審請求したが請求棄却が繰り返され、やっと再審判決が出たときには全員死亡していた。
 昨年2月の横浜地裁判決には事実経過などに対する弁解めいた言及こそあったものの、司法としての真摯な反省は感じ取れなかった。その言及さえ高裁判決は批判しているように読める。
 1963年、いわゆる巌窟王事件の再審無罪判決の際、名古屋高裁の裁判長は強盗の濡れ衣を50年間着せられてきた被告に「先輩が犯した過ちをひたすら陳謝する」と頭を下げた。こうした謙虚さこそが信頼を深めるのである。
 治安維持法は戦争遂行のための旧憲法下の思想統制法だ。人権を尊重する現憲法下では横浜事件のような弾圧は起こりえないと考えたい。
 だが、法体系が変わっても、法の執行者が過去の過ちを見つめていないと人権は大きな影響を受ける。
 司法は国家統治機構の一翼とし治安に関する責任の一端を担う一方、「人権の砦」として大きな役割を負うが、現実には捜査当局や行政を十分チェックできないなど厳しい指摘がある。
 教育現場で日の丸・君が代に対する敬意を強制され、教育基本法改正で愛国心養成が導入されようとしている。国民の内心に対する公権力の介入が強まりそうなだけに、人権を守る最後の砦としての役割はますます重要だ。
 法の運用、執行を担う人たち、とりわけ最終関門である司法の関係者は、冤罪の被害者の無念を胸に刻み込んでほしい。
[PR]

by homura2Y | 2007-01-20 12:14 | 司法制度

自衛隊イラク派兵差止訴訟陳述書集①

自衛隊イラク派兵差止訴訟陳述書集は290ページあり600円で販売しています。
大日本帝国の侵略戦争とイラク戦 菊池定則 84歳 前橋市
 私は当年81歳大日本帝国に青春を送り大陸戦線にたち同僚の殆どが戦死しています。私は傷痍軍人として一足先に内地に帰ってきた為生き残りました。この経験から反戦平和運動を生涯の義務と考えています。戦後高校の教壇にたち、「教え子を戦場に送るな」と反戦平和教育に徹してきました。役職は教諭、教頭、校長でした。定年退職後も群馬県平和委員会会長、原水爆禁止日本協議会総務担当常任理事、群馬原水協代表理事外多くの平和民主運動の先頭を切っています。私の同僚はじめ国内外の多くの犠牲者の上に立って生まれた憲法は何としてもまもらなければと思っています。平和国家日本が滅びることになると考えています。大日本帝国が敗戦によって滅びいままた再び平和国家として成立してきた日本が再びほろびることは私にとってたえられないからであります。明らかに今回のイラク自衛隊派遣は憲法に違反するものであり、人道支援と表現するのは嘗ての大日本帝国もそうでありました。いつも侵略者は人道支援を口実にします。他国に勝手に入ってあなたたちを助けてやるというのは侵略者の常套手段に外なりません。これに加わっているのが日本自衛隊でしかもアメリカ軍の指揮下にあります。即時撤退を求めます。
[PR]

by homura2Y | 2006-12-29 16:25 | 司法制度

中日新聞より「毒ぶどう酒事件」

http://www.yuuai.sakura.ne.jp/home2/dokubudoushu.html
[PR]

by homura2Y | 2006-12-28 15:37 | 司法制度