日本国憲法万歳


最高の憲法を断固として守る
by homura2Y
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
世に倦む日々に書き込んだ..
from 2億5540万の瞳 ビューテ..
世に倦む日々に書き込んだ..
from 2億5540万の瞳 ビューテ..
暴漢の凶弾に倒れた長崎市..
from エクソダス2005《脱米救国..
国民投票法案についてのア..
from Under the Sun ..
新刊「植草事件の真実」-..
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..
階級社会、登場
from 日本国憲法万歳
階級社会、登場
from 日本国憲法万歳
やっぱりね...拉致問題..
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..
STOP THE KOI..
from とくらBlog
胸いっぱいのエンドースメ..
from 世に倦む日日
タグ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:きうち実 ( 1 ) タグの人気記事


国際評論家 小野寺光一さんの意見

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!政治経済の裏にある「あなたが絶対に知らない」ような情報を発信します。
このマガジンを読むと政治経済の謎が解けるでしょう。
独創的な情報分析マガジンです。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606

きうち実氏のブログから転載

http://www.kiuchiminoru.com/blog/

2006年12月27日

今年はお世話になりました

 今年は選挙区の静岡七区のみならず

北は北海道から南は九州

沖縄まで全国の支援者の方々に応援していただいた。

本当にありがたい。

 落選して人情を人一番感じた。

私城内実を応援して下さる方は、損得勘定や理屈抜きに

応援してくださる方ばかりである。

こうした方々の広く薄いご支援でなんとか今年を乗り切ることができた。

改めて感謝申し上げる。

 佐田行革大臣の出処進退の問題が新聞をにぎわしているが、

先般

「日本売り」がお得意の竹中平蔵前大臣

の盟友である

本間正明政府税調会長が

「入居資格のない女性」と官舎に同居したことにより辞任した。

ホリエモン、村上ファンドと同じく共通するのは、

「ばれなければなにをしても良い」、

「俺には権力がついているからなんでもやりたい放題で何が悪い」

というおごりである。

 ところで大手マスコミは「入居資格のない女性」

というもってまわった表現を使っているが、

これって「お手伝いさん」とか「家族」でもなんでもない。

要は良い悪いは別として日本語で「愛人」って言うと思うのだが、

新聞は誰に気兼ねして「愛人」という呼称を使わないのか。

安倍晋三総理かそれとも塩崎官房長官か?

確かに官邸の怒りを買えば、

独占企業の大手マスコミは記者クラブという

前近代的な正真正銘の談合組織から排除されてしまうわけである。

官邸の記者会見が一回だろうが、二回だろうがどうでも良いではないか。
要は、マスコミが手玉に取られているわけである。

マスコミの自己責任である。

 いろいろと言いたいことはあるが、今日はこのくらいにしたいと思う。

12月27日(水)

以上 きうち実氏のブログから転載

http://www.kiuchiminoru.com/blog/

奪われる日本
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=998108431X

http://www.koushinococoro.com/magazine/ma-38_03.htm
小林興起コラム
「日本の未来をあきらめない」

小林興起 (こばやしこうき)
元財務副大臣/ 前衆議院議員

1944年1月1日生まれ。東京都出身。

東京大学法学部卒業後、通産省(現経済産業省)に入省。

ペンシルバニア大学大学院に政府交換留学。
16年間勤めた後、衆議院選に立候補。
8年間の浪人生活を経て平成2年初当選。
労働政務次官・財務副大臣・安全保障委員長を歴任。
現在、捲土重来を期して活動中。

小泉内閣が進める市場原理主義一辺倒の
郵政民営化法案反対の急先鋒として知られ、
05年衆議院本会議で同法案に反対票を投じた後、
自民党を追われ、同年9月の衆議院総選挙では
自民党から刺客を送り込まれ落選。

メディアに報道されない真相を鋭い切り口で語る。




Vol.3 『<パンとサーカス>の政治』

 先般行われた衆議院総選挙は、大変厳しい戦いでした。
私が所属しまた皆様にもごひいきをお願いしてきた自由民主党から追放される
、それもたった一つの法案がおかしいというだけで追放される
という事態になりました。

 それにしても、権力です。

私が属していた自由民主党の豊島支部も練馬支部も、

強い圧力がかけられました。

都議会議員も区議会議員もまったく応援することができない

という前代未聞の体制が取られたのです。
[PR]

by homura2Y | 2006-12-31 09:21 | マスコミと電通